会社案内

トップメッセージ

ご挨拶

「人と社会の役に立つ」の基本理念の下、
常に社会から必要とされる企業を目指します。

当社は、1913年(大正2年)に長崎県松島の地において創業以来、1世紀にも及ぶその社歴を石炭とともに歩んでまいりました。
この間、エネルギー産業は時代の要請に応えるべく幾度かの大きな変革期を経験し、当社もその大きな流れの中で苦難を乗り越えながら現在に至っております。
当社は、2001年に、当社の創生・拡大の礎となった国内炭鉱経営からの撤退を余儀なくされましたが、現在は、豪州やインドネシア、カナダ等を中心とした海外にその事業の舞台を移し、炭鉱権益の開拓に注力しております。昨今の世界的な資源・エネルギー需要の高まりにより、日本はより一層その安定した供給ソースが必要とされております。当社はこれまで培った炭鉱経営のノウハウや高度な技術を活かして今後とも石炭の安定供給に取り組んでまいります。
また、近年、企業を取り巻く環境はめまぐるしく変化しております。当社は、次の百年を見据えて、石炭事業への継続的な取り組みとあわせて新規事業の育成を行い、あらゆる環境の変化や社会ニーズの変化にしなやかに対応しながら、常に社会から必要とされる企業を目指し、進化し続けてまいります。

私達は「人と社会の役に立つ」を経営の基本理念として、より豊かな活気ある社会作りに向け事業を展開してまいる所存ですので、皆様のご支援・ご理解を宜しくお願い申し上げます。

代表取締役社長 天野 常雄 代表取締役会長 串間 新一郎

PAGE TOP