会社案内

「三井松島グループ 経営の基本理念」について

経営の基本理念

人と社会の役に立つ

三井松島グループは、1913年(大正2年)に長崎県松島において炭鉱会社として産声を上げ、
これまで100年にわたり石炭事業を通じて、日本のエネルギー供給安定化に貢献してまいりました。
これからも「人と社会の役に立つ」を経営の基本理念として、より豊かな活気ある社会作りに向け
事業展開し、次の100年も更に成長し進化し続けます。

経営ビジョン―次の100年のために私たちが目指す姿

皆様から必要とされる企業を目指します。

そのために、常に新しい事業分野の開拓や創造に積極果敢に挑戦し、
社会のニーズに応えてまいります。

皆様から信頼される公明正大な企業を目指します。

そのために、財務の健全性とリスクテイクとのバランスの取れた経営を図り、
全てのステークホルダーに対して誠実に向き合います。

あらゆる環境変化に対応し、しなやかに自己変革できる企業を目指します。

そのために、会社・社員一体となってアンテナを高くし、感性や創造性を磨きます。

真面目に頑張る社員が報われる企業を目指します。

そのために、フェアな企業風土を醸成いたします。

PAGE TOP