三井松島グループサステナビリティ基本方針

経営の基本理念 経営ビジョン 一次の100年のために私たちが目指す姿

私たち三井松島グループは、事業活動を通じて社会の持続的な発展に貢献します。

 三井松島グループは、1913年の創業以来、石炭事業を通じて日本のエネルギー供給安定化に貢献してまいりました。近年では、世界的な環境保護意識の高まりを背景とした脱炭素社会の到来を見据えて、石炭生産以外の事業分野に積極的に投資を行い、事業ポートフォリオの多様化を進めています。
これからも、「人と社会の役に立つ」の経営の基本理念のもと、ステ-クホルダーへの社会的責任を果たすとともに、持続可能な社会の実現の一助となるべく、事業活動を通じて社会的課題の解決に努めてまいります。

PAGE TOP