会社案内

トップメッセージ

ご挨拶

「人と社会の役に立つ」の基本理念の下、
常に社会から必要とされる企業として、進化し続けます。
代表取締役社長 天野 常雄 代表取締役会長 串間 新一郎

平素は当社グループに対し格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

このたび当社グループは、平成30年10月1日をもって持株会社体制へ移行し、商号を「三井松島ホールディングス株式会社」に変更致しました。

当社は、1913年(大正2年)の創業以来、100年以上にわたって炭鉱経営及び石炭販売を中心とする石炭関連事業を展開し、日本におけるエネルギーの安定供給に取り組んでまいりました。 現在においても石炭は、製鉄原料として必要不可欠な資源であるとともに、世界の発電の約40%をまかなう主要なエネルギー資源であり、その有用性は変わっておりません。

一方で、石炭生産分野の業績は、石炭価格や為替等の外部要因によって大きく変動する傾向にあります。さらに足下では、CO2 排出規制強化により先進国で石炭消費縮小の兆候があることに加え、再生可能エネルギーの台頭等を受けてエネルギー資源ビジネスを取り巻く構造にも変化が見られております。

このような状況下、当社グループは資源ビジネスの環境変化にとらわれない持続可能な事業構造への転換を目指し、積極的な企業買収等を通じて収益基盤の安定化・多様化を進めてまいりました。 近年買収により取得した生活関連事業の施設運営受託分野、飲食用資材分野、衣料品分野、及び電子部品分野は、当社グループ利益への貢献度において重要性を増してきております。

当社グループは引き続き、生活関連事業における新規案件への投資を続けることで、安定的な事業ポートフォリオの拡充による持続的な成長・発展を目指してまいります。

私達は「人と社会の役に立つ」を経営の基本理念として、より豊かな活気ある社会作りに向け、あらゆる環境の変化や社会ニーズの変化にしなやかに対応しながら、常に社会から必要とされる企業として、進化し続けてまいります。
今後とも、皆様の一層のご支援ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

PAGE TOP